ラウンジバイトとガールズバー

いま人気の会員制ラウンジのバイト。

会員制ラウンジのバイトの仕組みやその給料や出勤についてなど、ラウンジバイトについてもっと分かりやすく解説するために、同じ私服で働けるガールズバーと比較することで解説します。

それぞれどういった点で違うのか?

それぞれのメリット、デメリットを知ることで、自分に合ったバイトさがしが効率よくなるかと思います。

同じ私服でオシゴト。ラウンジとガールズバーのバイトどう違う?

私服スタイルで働けて、ノルマもペナルティーもない点で『ラウンジ』と『ガールズバー』は似通っています。

では相違点は何なのか?

ますは項目表で比較して解説したいと思います。

営業時間
  • ラウンジ   20:00もしくは21:00~LAST
  • ガールズバー 20:00~朝まで
定休日
  • ラウンジ   日曜・祝日(一部の店舗、土曜日休み)
  • ガールズバー 日曜・祝日(一部の店舗、日曜祝日も営業)
仕事内容
  • ラウンジ   話す程度。お酒をつくるなどのお仕事なし。隣に座る
  • ガールズバー 話す程度。お酒をつくるなどのお仕事なし。カウンター越し
給料システム
  • ラウンジ   時給制(一部の店舗で完全歩合)
  • ガールズバー 時給制
給料日
  • ラウンジ   日払い・月1・月2
  • ガールズバー 月1・月2
日払い
  • ラウンジ   全額もしくは時給分の全額日払い、翌出勤時に全額日払いのお店多数(日払いでないお店は5000円or10000円)
  • ガールズバー 5000円~10000円
バック
  • ラウンジ   各種あり
  • ガールズバー 各種あり(バックがない店、バックの種類が豊富な店、さまざま)
出勤形態
  • ラウンジ   自由(シフト制)
  • ガールズバー 自由(シフト制)
ノルマ
  • ラウンジ   なし
  • ガールズバー なし
ペナルティー
  • ラウンジ   なし
  • ガールズバー なし
終電上がり
  • ラウンジ   大半が不可(一部の店舗OK)
  • ガールズバー 大半がOK
送り
  • ラウンジ   あり
  • ガールズバー なし
ヘアメイク
  • ラウンジ   自由
  • ガールズバー 自由
服装
  • ラウンジ   私服(一部の店舗で指定あり)
  • ガールズバー 私服
エリア
  • ラウンジ   西麻布・六本木・恵比寿が中心
  • ガールズバー 全エリア
年齢層
  • ラウンジ   20代
  • ガールズバー 20代(飲食店許可のため、高校卒業にあたる18歳以上も多数)
採用基準
  • ラウンジ   高い
  • ガールズバー 採用幅広い
互いを比べての、メリット
  • ラウンジ   時給高め・全額日払いのお店多数・
  • ガールズバー 隣りに座らなくて良い・終電あがり可能
互いを比べての、デメリット
  • ラウンジ   出勤調整がある
  • ガールズバー ビラ配りがある・時給が低め
来店システム
  • ラウンジ   会員のみ
  • ガールズバー 一見様OK
身分証
  • ラウンジ   顔写真つき身分証
  • ガールズバー 顔写真つき身分証

ラウンジとガールズバーの『相違点』

まずは両者の相違点を解説します。

  • 時給の違い(会員制ラウンジのほうが高い)
  • 採用基準の違い(会員制ラウンジのほうが高い)
  • 日払いの違い(会員制ラウンジには全額の日払いのお店が多い)
  • 出勤調整の有無(会員制ラウンジはあり。ガールズバーなし)
  • バックシステムの違い(各種バックが会員制ラウンジのほうが高額)
  • 勤務時間の差(ガールズバーの方が長時間働ける)
  • お客様の隣にすわらなくてよい(ガールズバー)
  • 雨天時、暑い時期、寒い時期でもビラ配りあり(ガールズバー)
  • ガールズバーは朝まで営業している
  • 送りの有無(ラウンジはどのお店もあり。ガールズバーはなし)
  • 終電あがり(ラウンジは大半のお店が不可。ガールズバーはOK)
  • ラウンジとガールズバーの『共通点』

    両者の共通点を解説します。

  • 私服でそのまま働ける
  • ヘアメイク不要
  • ノルマがない
  • ペナルティーがない
  • 出勤が自由(シフト制)
  • お酒をつくる、タバコに火をつけるなどの接客のお仕事がない
  • ガールズバーに勝る、ラウンジの部分

  • 1・給料面での稼ぎ
  • 2・日払いのお店が多い
  • 3・ビラ配りなど不要
  • 1:
    ガールズバーの時給相場は1500円前後〜2000円前後となっています。会員制ラウンジは3000円〜4,5000円(面接しだいでさらに高額可能)

    求人まとめ・高時給ラウンジのバイト体入

    また指名、場内指名、同伴、売上といった各種バックの金額が、会員制ラウンジのほうが高額に設定されています。ガールズバーにおいてはバックがないお店もあれば、お店によってはゲームバックなど多種多様なバックシステムをとりいているお店があるなど、様々です。

    収入面においては、会員制ラウンジのバイトのほうが勝ります。

    2:
    会員制ラウンジには全額の日払いのお店が多く、ガールズバーにはほとんどありません。

    求人まとめ・日払いラウンジのバイト体入

    3:
    会員制ラウンジのバイトでは、ガールズバーに見られる『ビラ配り(暑い時期、寒い時期、雨天時でも)』が不要です。

    ラウンジに勝る、ガールズバーの部分

  • 1・お客様の隣にすわらなくてよい
  • 2・出勤調整がない
  • 3・終電あがり可能
  • 4・採用幅が広い
  • 1:
    ガールズバーはキャバクラや会員制ラウンジとは違い、風営法の許可は必要なく飲食の許可ですので、お客様の隣りに座ることは禁じられています。カウンター越しでの接客になります。

    2:
    ガールズバーは出勤調整がありません。出勤調整とは、自分の出勤希望のシフトがなかなか通らない。思うように出勤できないことです。会員制ラウンジのバイトでは、勤怠の悪さや、指名や売上を見込め無さそうな場合において、店舗から出勤調整の対象になる場合があります。

    3:
    ガールズバーは終電あがり可能のお店が大半になります。一方、会員制ラウンジにおいては大半のお店が終電あがりを不可とします。

    4:
    会員制ラウンジバイトの採用基準は高く、面接の合格率は目安として10人に1,2人程度になります。一方、ガールズバーは、比較的採用幅が広いものとなっています。

    参考)会員制ラウンジは風営法の許可ですので深夜営業が禁止されております、一方ガールズバーは飲食店の許可でづので、朝まで営業しています。時給はそこまで高くはなくとも長時間働くことができ、時間で稼げるという見方もできます。

    ◇どちらが向いている?◇

    それぞれメリット、デメリットはありますが『ある程度容姿に自信がある、稼ぎたい!』という女の子は会員制ラウンジのバイトがオススメかといえます。

    『受かりやすそうなお店で、気軽に働きたい!』という女の子はガールズバーのバイトがオススメかといえます。

     

    会員制ラウンジバイトの面接や体入の無料カンタン申し込みはこちら

    ラウンジのバイトの面接や体験入店がラインからお問い合わせするだけでカンタンにできます!

    すべての会員制ラウンジのバイトの面接、体入もスムーズに案内いたします。

    お問合わせはLINEから
    お問い合わせだけでも大丈夫です☆

    面接の予約や体験入店のご相談などお気軽にLINEからお問い合わせください。

    また、LINEに登録していただきますと、ノルマなしや全額日払いのお店情報、今イチオシの会員制ラウンジやキャバクラなどの「新店舗情報」をタイムラインから無料でみれます!