えぇ、昨日AppHtml、Sticky iTunes Link Maker、ポチレバでitunesの曲紹介をするとApple musicに飛ばされてる件についてって記事をあげたんですよね。

 

AppHtml、Sticky iTunes Link Makerでitunesの曲紹介をするとApple Musicに飛ばされてしまいますよぉ。

 

曲紹介の時はitunesの管理画面からリンクを取得した方がいいですよぉ。

 

AppHtmlや、Sticky iTunes Link Makerは最高なんですけど、apple musicに飛ばされちゃってiTunesの曲紹介が難しいですよぉ。
って感じで。

 

で記事の中で「対応策なんかあると最高です、助かりまぁす!」「アドバイスいただけると、狂気ランプしまーす!」
って書いたんですよね。
そしたら翌日にですね、Twitterでアドバイスを頂きまして。

 

 

いやーふぃーぷれさん アドバイス本当ありがとうございました。

 

ふぃーぷれさん
twitterアカウント「@feelingplace」

なので、AppHtml、Sticky iTunes Link Maker、ポチレバでもガンガン曲紹介してitunesにいってもらうことが可能になったわけですね。

 

結局どこをカスタマイズすればいいの?

アドバイス頂きましたサイトを見てみますか。

 

 

その中のこの部分ですね。

 

従来どおりiTunesで開くようにするにはリンクURLのパラメーターに“app=itunes”を追加する必要があります。

 

We’re Never Ever Getting Back Together ? Taylor Swift

 

iTunesを明示的に指定したリンクURL

リンクタグのtarget要素に“itunes_store”を指定してもミュージック.appが開いてしまうようなので、リンクURLのパラメーターを書き換えるしかなさそうです。

 

もう悩みのすべてが凝縮されてまして、結論から言いますとURLのケツに「&app=itunes」をつけるとiTunesに飛んでもれえるというわけです。
ありがたいっす。
やっぱあれだね、プロの人はすぐに解決してますね。うーん、自分の調べ不足でした。はずかしや。
これで、問題なくAppHtml、Sticky iTunes Link Maker、ポチレバで曲紹介できますよね。
アヤトはiTunesプログラムの紹介はSticky iTunes Link Makerが気に入ってまして、なんか一括でガリっとリンク作成
できるところと、ジャケットのサイズ感がちょうどいいところが特に気にってます。
これで紹介の見栄えも完璧ですな。みなさんぜひチャレンジしてみてくださいね。