歌舞伎町の勝手にシメの一杯認定のわ蔵にオジャマしてきました。

以前、歌舞伎町の飲み終わりに三代シメの飯屋みたいな感じでシジミラーメンを紹介したんですけど、今回は豚骨ラーメンですね!

何年前からの営業かちょっと詳細不明ですが、自分が初めて歌舞伎町に来た5年程前にはすでにあったので、それ以前からの営業かと。

まずは場所を。

新宿駅からだとわかりづらいですが、歌舞伎町のメインストリートの花道通りからだとわかりやすいかな。

ホスト看板、通称ホス看なんて言ったりしますが、そこを南方面に行くと発見。

IMG_8288

なんかすごいごちゃごちゃしてますが、老舗感が出ていていい感じです。
近くまでくると、メチャメチャ豚の匂いがしてきます。

わ蔵はトンコツ臭いラーメンなので、正直好き嫌い別れるお店ですね。友人は苦手と言っておりました。

自分はトンコツ臭いのも好きなので、全然問題ないですね。早速入店。

IMG_8292

券売機での前払いシステムなのでサクッと購入。どれを頼んでも楽しめちゃうんですけど、自分はわ蔵でもオススメされている味玉ラーメンを購入。

これにトッピングの青ネギをつけちゃいます。合計で950円。

値段も相場価格といったところ。

カウンター席のみで10席ぐらいですかね。麺の硬さを定員さんに伝えます。

自分は気分によりますが、「基本」か「かため」ですかねー。針金と粉落としはまだ試したことがありません。なんかお腹すぐピーピーになりそうなんですもん。

簡単にオーダーを伝えるとまず目に飛び込んでくるのが、トッピング一覧。

IMG_8293

紅しょうが、ゴマ、にんにくといったところ。わ蔵は高菜のトッピングは有料なので

豚骨ラーメンに高菜がないなんて言語道断ばいっ!

の九州だんすぃはがっかりかもしちゃうかもですね。高菜がどうしてもはずせない人は券売機でサクッと購入しちゃいましょう。

IMG_8295

次に目に飛び込んでくるのが、夜の蝶やイケメンホスト達の顔写真名刺。歴史を感じさせますね。

これもすごい数になりましたな。むかーし来た時はそんなに多くなかったのに。やっぱいみんな好きなんですねーわ蔵。

自分は名刺貼れないよ、わ蔵の売上下げちまうから。

でも、この顔で産んでくれて親には感謝してるよ、マジで。ありがとう、オヤジにおふくろ。

シメは歌舞伎町のわ蔵で♪(´ε` ) #kabukicho #ラーメン #シメのラーメン #とんこつラーメン

Ayato Sekineさん(@necchi_j)が投稿した写真 –

 

感傷にひたって、いるうちにサクッとラーメン登場。いやー破壊力バツグンですな。

これにゴマと紅しょうがを鬼トッピング。  わ蔵の紅しょうがは、少し汁っけを切ってあるので、お新香みたいな感じ。

わかりづらいな、表現が。

いれるとスープを吸っていく感じですかね。

IMG_8298

でこんな感じですかね。自分が食べるときは。

麺は細麺のストレートなんでグイグイ食えます。豚骨ラーメンの縮れ麺食ったことないですけど、やっぱり細麺がいいね。 さくさくっと食っちゃいます。IMG_8294

でいつからできたのか知らなかったんですけど、わ蔵に替え飯があると。追加で注文。

見た目は普通ですね。でスープ投入でサクッといきます。

IMG_8301

おぉ、おじや完成。不思議な色合いですな。

なにコレ・・・超ウマイんですけど。

替え飯の茶色いのラー油らしいんですけど、ラー油と豚骨ってこんなにあうの?てか白飯と豚骨ラーメンのスープですらうまいのに、これ本当にやばいね。

替え玉もいんですけど、わ蔵は替え飯をオススメします。うーん、これだけネットで売って欲しいな。ヘビロテ確実。

太るよコレ、普通に。

あぁうまかった。わ蔵は24時間営業なので、自分のタイミングで食いにいけるのがいいですよね。夜とか朝方は結構混んでますけど、お昼すぎとかは結構空いているので、ゆっくり食べたい方は昼頃行くのがオススメです。